Towatech

クライアントインタビューVol.2: トワテック株式会社様
(トワテック社は日本最大手の手技療法専門のEC企業として急成長しているベンチャー企業)

  • トワテック株式会社 代表取締役 鄭 炳吾様(以下、「トワテック 鄭様」)
  • トワテック株式会社 取締役 石田 雄一様(開発エンジニアリング部門担当)(以下、「トワテック 石田様」)
  • ブースト・コンサルティング
    佐藤 純(以下、「ブースト 佐藤」)

プロジェクト概要

  • 目的: 戦略とKPIの組織内浸透・定着、アメーバ経営の導入検討
  • 主な内容:
  • 社員インタビューを通じた戦略とKPIの組織内浸透・定着を阻害している原因の特定
  • アメーバ経営についての外部調査
  • ディスカッションからの解決策の立案
  • 翌年度経営計画への落とし込み
  • 主な結果:
    • アメーバ経営がフィットする業種を推定
    • 戦略とKPIの組織内浸透・定着を阻害している根本原因を抽出
    • KPI設計にとどまらない、組織体制変更まで踏み込んだ組織改編提案
    • KPI/KGI、ダッシュボード案のご提供

ブースト 佐藤:プロジェクトを始められた背景、きっかけや状況などを教えて頂けますか?

トワテック 鄭様:経営陣から見て現場の社員たちが何を目標に頑張ればよいのか、今やっていることがうまくいっているのかを定量的に見たかったという背景があります。また、現場の社員が上司の顔色を伺いながら意思決定をしたり、個人の経験・志向で意思決定をしていたりしたのですが、意思決定の基準・方向を明確にできるようにしたかったのも理由の一つですね。

経営陣と現場社員で目標についてコミュニケーションがしっかり取れていないという課題認識があり、社内の経営陣で1年ぐらい議論していましたがなかなか進まず、外部の視点を入れたほうがよいだろうと考えました。

ブースト 佐藤:なるほど。それで弊社にお声がけいただいたわけですが、コンサルティング会社を選択される際に我々をお選び頂いたのは、どのあたりで決められましたでしょうか?

クライアントインタビュートワテック社02

トワテック 鄭様:BCGやマッキンゼーであればある程度品質保証されていますが、当然大企業向け。ベンチャー企業や中小企業向けのコンサルティング会社となると玉石混合です。前から佐藤さんにはお願いしてきて信頼できますし、佐藤さんはベンチャー企業の実情についても体験的にもわかっているので、依頼しました。

ブースト 佐藤:組織まわりのコンサルティング・プロジェクトというのは、センシティブな話、耳の痛い話というのも出てきやすいかと思います。我々の提言内容とやり方は、貴社としてご納得頂けるものでしたでしょうか?

トワテック 鄭様:社外の人に社員の声を聞いてもらうことによってわかることもあったし、外部の人によるヒアリングということで社員の本音が薄まって伝わっていることもあったと思います。総じては、外部から客観的に見てもらえたのは助かりました。

ブースト 佐藤:原因-結果マップは役に立ちましたでしょうか?

トワテック 鄭様:非常に役立ちました。プロジェクト後しばらくは、見返しながら5つの根本原因(root cause)を毎日書き出していました。

トワテック 石田様:自分の管掌であるエンジニアリング部門について、薄々感じていたことがマップ上に明確に論理的に出てきたことによって、私自身が行動を起こすきっかけになりましたね。あのマップが何が問題で何をすればいいのかの指針となりました。

ブースト 小椋:原因-結果マップは、数多くの社員様インタビュー、鄭様・石田様との議論、社内での喧々諤々の議論を経て、20回ぐらい書き直して作ったものなので、役に立ったと伺えて大変嬉しいです。

ブースト 佐藤:アメーバ経営の調査についてはいかがでしたでしょうか。アメーバ経営は御社にはマッチしないだろうという提言となりましたが。

トワテック 鄭様:アメーバについては自社で検討していましたが、プロジェクトを通して、自社にとってはうまくはまらないということに納得ができました。そこに余計なコストをかけずに済みました。

ブースト 佐藤:今回は、現状分析から提言までのフェーズのみのご提供で、実行フェーズについては貴社内にて取り組まれることにしましたが、実行フェーズで弊社を起用して頂けなかった理由を教えて頂けますか?

トワテック 鄭様:当時の思惑としては新しい幹部社員を招いて実行をする予定でした。予算のこともありましたし。御社にお願いをする選択肢もありましたが、提言のおかげでやるべきロードマップがみえて、30%程度立ち上がってきた感がありましたので、時間はかかるけれども社内でやろうと決めました。

ブースト 佐藤:その後現状はいかがでしょうか。

トワテック 鄭様:今、ようやく実行できつつあるという状況ですね。プロジェクト開始前は、会社の成長により社員が増えたけど、経営陣の変更もあり、各事業を見るリーダーがいない状態になっていました。現在は人材も強化され、組織変更も行い、各事業をリーダーが見られる状態になってきました。

トワテック 石田様:かつては複数事業を見ていたこともあり、部下のマネジメントをし切れないところもありました。今は見るべき事業・収益責任が明確になり、しっかりとマネジメントをできるようになっています。また、しっかりと見ることによってリーダー候補の育成なども考えられるようになっていますね。

ブースト 佐藤:実行を進めてみて、変化・成果の実感というのはありますでしょうか?

トワテック 石田様:会社が劇的に変わったということはありませんが、現場の社員の雰囲気は変わってきている、よくなってきていると感じています。前はここだけの話や内緒話がよくされていましたが、風通しがよい空気が流れ始めたような気もします。

トワテック 鄭様:劇的に何か変わるような類ではなく、2、3年かかる類の話かとは思っています。COO人材を呼び入れられたのは大きかったです。月次の全社会議がきちんと実施されるようになりました。また、部署によっては仕事の枠組みが整理されているところもあると感じています。

KPIについても一部では運用が始まりました。会議体・やり方も整理され、コミュニケーションが強化されて、収益責任も明確になって、KPIが少しづつ機能するようになりました。

クライアントインタビュートワテック社03

ブースト 佐藤:ブースト・コンサルティングのよいところ、助かるところや悪いところなどをお聞かせいただけますか。

トワテック 石田様:それほど多くのコンサルティング会社と付き合いがあるわけではないですが、クライアント・経営陣の意向をそのまま実行・現場に落とすようなコンサルティング会社・コンサルタントが少なくない印象です。佐藤さんは、クライアントの考えも聞きながら、直接的に忌憚のない意見を言ってもらえるところがありがたいです。ロジカルに意見を言ってもらえるので、軌道修正ができます。

トワテック 鄭様弊社の状況が大企業とは状況が違うことを理解したうえで、フレームワークの提案などをしてくれたのもよかったですね。なかなかそれをできるコンサルタントはいないのではないでしょうか。

ブースト 佐藤:クライアントのタイプによって提案内容は変わるのですが、経営者の視点に立って必要なことを出すのを意識しています。

ブースト 佐藤:最後に、今後課題として考えられていることや弊社に対する期待はありますでしょうか。

トワテック 鄭様:非常に良い人材をご紹介いただけていて、それが実は非常に助かっています。

ブースト 佐藤:人材紹介業はやっていないんですが(笑)。他にありますか。

トワテック 石田様:社内で詰まったり、ブレストしたくなったりしたときに、お付き合いいただき、様々な視点でご意見いただけるのは助かっていますね。何かに迷ったら、とりあえず佐藤さんに聞いてみようとなりますね(笑)。

ブースト 佐藤:良きディスカッションパートナーということですね(笑)。

トワテック 鄭様・石田様:そうですね(笑)。

クライアントインタビュートワテック社04