eビジネスデューデリジェンス

サービス概要

eビジネスデューデリジェンスはデジタル関連ビジネスに特化したデューデリジェンスサービスです。

SaaS、Eコマース、オンラインメディア、O2Oなどのオンライン上のサービス、アプリを使ったサービスやゲーム、D2Cブランド、ウェアラブル機器などを活用したサービスなど様々なビジネスがデジタルをベースに行われています。また、多くのビジネスがサイト・アプリやSNSを活用し顧客とつながりを持っています。

eビジネスデューデリジェンスサービスでは、これらデジタル関連のeビジネス専用にデザインされたフレームワークに基づき、デジタル領域の専門家が分析・評価し、出資やM&Aの意思決定を支援します。

出資やM&A実施前におけるデューデリジェンスとして、対象事業の現状分析や改善施策立案・ポテンシャル試算、収益のシミュレーションにも対応しています。

eビジネスデューデリジェンス(eBDD)の重要性

近年の多くのデジタル領域の成長は目覚ましく、デジタル関連ビジネスへの出資やM&Aは増加しています。プライベートエクイティファンドやベンチャーキャピタルによるeビジネスへの出資だけではなく、事業会社が短期間でデジタル領域を強化するためにeビジネスを買収する動きも見られます。そのためeビジネスに特化したデューデリジェンスのニーズが高まっています。

eビジネスのデューディリジェンスも通常のビジネスのデューディリジェンスと要素は同じですが、変化が速いため外部環境についてのより深い知識と洞察、内部環境を評価するための専門知識が要求されます。

  • 外部環境分析
    • 市場環境、競争環境、顧客動向といった外部環境の評価・予測
    • 対象事業のポジショニング、中期経営計画評価・策定
  • 内部環境分析
    • 組織ケイパビリティ、システム評価
    • オペレーションの品質評価、改善ポテンシャル(短期~中期)の算定

eビジネスは市場環境、競争環境、そして顧客動向といった外部環境の変化が非常に速いのが特徴です。次々と新しいテクノロジーや新しいサービスが生まれ、誕生から2~3年で普及するテクノロジーやサービスがある一方、数年前に注目を集めていたテクノロジーやサービスが新しいテクノロジーやサービスによって駆逐されることもあります。

このように変化の速いデジタルにおいては最新の外部環境や将来予想される外部環境の分析に基づくポジショニングの理解が欠かせません。中期経営計画が絵に描いた餅である可能性が高いのがeビジネスであり、中期経営計画の確度を上げるためには外部環境についての深い知識と洞察が必要となります。

また、外部環境変化に対応した組織ケイパビリティを保有しているかも大事な要素になります。昨日と同じことをやっていては衰退するのがeビジネスであり、将来変化を予想して先手を打った対応をできる組織ケイパビリティを持っていること、拡張性のあるシステム設計がされていることは競合優位性となります。オペレーションにおいて高い専門性が要求されるのもデジタル領域のビジネスの特徴です。デジタル分野での専門性を有しているコンサルタントだからこそ、オペレーション戦略を立案・実行できる体制となっているかを評価し、かつ、並行して短期~中期での改善ポテンシャルを算定することが可能となります。この点は、出資者/バイサイドが買収後の改善ポテンシャル・事業評価額を算定するうえで重要な要素となっております。

ブースト・コンサルティングの提供価値

専門家によるeビジネスに特化したデューデリジェンスの実施により、該当企業/事業の外部環境と内部環境の分析を通して、重要成功要因(キーサクセスファクター)、機会、ポテンシャル、強み/弱みやリスクを明らかにし、出資者/バイサイドの意思決定を支援します。

ブースト・コンサルティングは、デジタル領域に特化したコンサルティングファームとして、ビジネス戦略立案からオペレーションの支援まで様々なレイヤーで様々な規模・業界のクライアント企業を支援しています。その経験をベースにeビジネスデューデリジェンスを設計し、常にその内容を見直すことにより、最先端のeビジネスデューデリジェンスを提供します。

eビジネスデューデリジェンスはビジネスコンサルティングファームやデジタルエージェンシーの出身者、デジタルビジネスへの投資、新規デジタルビジネス立ち上げ経験者やデジタルビジネス運営の実務経験者など経営から現場まで様々なレイヤーを熟知したエキスパートで構成されるチームによって行います。

ブースト・コンサルティングの強み

eビジネスに特化した経験・eビジネスにおける幅広い経験

  • ビジネス戦略、組織設計、マーケティング戦略、オペレーション戦略やオペレーション支援までeビジネスの上流から下流まで様々なレイヤーでクライアント企業を支援
  • グローバル企業、ナショナル企業やスタートアップといった様々な規模のクライアントの国内外市場や海外進出を支援
  • 物販やサービスのB2CからB2Bまで様々な業種のクライアントを支援

エキスパートによるチーム

  • ビジネスコンサルティングファーム出身者
  • デジタルエージェンシー出身者
  • コストマネジメントコンサルティング出身者
  • デジタルビジネスへの投資経験者
  • 新規デジタルビジネス立ち上げ経験者
  • デジタルビジネスの運営経験者

データに基づく定量化

  • 各種データの分析やベンチマークによる改善のポテンシャル定量化
  • 施策実行に必要な投資額と費用対効果試算
  • コスト削減効果試算

eビジネスデューデリジェンス(eBDD)

eビジネスデューデリジェンスでは6つのカテゴリーの評価を実施しレポーティングを行います。

評価カテゴリー

外部環境分析

市場環境、競争環境、顧客動向などの外部環境の評価・予測

  • 市場・競争環境
  • 顧客動向
  • バリュードライバー
  • 重要成功要因

対象事業のポジショニング、中期経営計画評価・策定

  • ポジショニングと成長/拡張可能性
  • 中期計画の評価・策定
  • KGI/KPI理解

内部環境分析

組織ケイパビリティ評価

  • 組織計画
  • 現状の組織体制
  • 役割・責任・KPI
  • キーパーソン
    • eビジネスの経験
    • データ活用
  • 内製化/外注
    • 外部パートナー依存度
  • 外部パートナー

システム評価

  • システム戦略/計画
  • 現行システム/インフラ全体構成・連携状況
    • 基幹システム
    • 集客マーケティング関連:顧客CRMデータベース
    • 物販サービス関連:ECプラットフォーム/スクラッチ開発、PIM、在庫管理/物流、POS
    • アプリ関連:アプリプラットフォーム/スクラッチ開発
    • メディア関連:CMS
  • 現行システム/インフラの拡張性、移行のメリット・デメリットの評価
  • データ取得・統合状況
    • 顧客情報
    • 集客マーケティングデータ
    • サービス関連データ
  • データ取得・統合改善余地

オペレーションの品質評価、改善ポテンシャル(短期~中期)の算出

顧客評価

  • 顧客獲得・育成戦略
  • 顧客基盤分析
    • 顧客数推移
    • 継続率/解約率
    • 再アクティブ化率
  • 重要顧客/顧客セグメンテーション理解
    • ライフタイムバリュー
      • 顧客セグメント別
    • 重要顧客依存度
    • 新規/リピート売上
  • 顧客育成
    • 顧客育成/ロイヤルティプログラム/施策
  • 顧客獲得コスト

集客マーケティング評価

  • 集客戦略
    • 注力トラフィックソース
    • ブランディング/獲得
  • トラフィックパフォーマンス
    • トラフィック推移・シェア
      • トラフィックソース別
    • トレンド/特徴
      • 価格弾力性
      • 季節性 など
  • 広告パフォーマンス
    • 主要KPI
    • 広告代理店マネージメント
  • 集客成長余地

サービス評価

  • ファネル分析
    • パフォーマンス推移
  • UI/UXヒューリスティック評価
  • UI/UX改善活動状況
  • サービス
    • カスタマーサービス
    • ショッピングサービス
      • 返品・交換、ギフト・配送
  • 競合比較
  • サービス改善余地

レポーティング

外部環境分析

  • 市場環境、競争環境、顧客動向などの外部環境の評価・予測
  • 対象事業のポジショニング、中期経営計画評価・策定

内部環境分析

  • 組織ケイパビリティ評価
  • システム評価
  • オペレーションの品質評価、改善ポテンシャル(短期~中期)の算出
    • 顧客
    • 集客マーケティング
    • サービス

eビジネスデューデリジェンスサービスのお問い合わせ